怪我、「痛み」を未然に防ぐには・・・

ゆらし療法院

045-314-8322

受付時間 10:00 ~ 20:00

スタッフブログ

怪我、「痛み」を未然に防ぐには・・・

オスグッド

2015/11/19 怪我、「痛み」を未然に防ぐには・・・

こんにちは、ほんだです。

今日はお天気は良かったですが、朝からひんやりと冷え込みを感じた横浜です。横浜の街中ではまだ「紅葉」といえるような風景はまだ見ないですが、雨上がりの朝は落ち葉も散らばっていて、秋が深まっているなぁと思いました。
DSC_0381.JPG

 

先日、ミニバスケットで膝を痛めた小学生のお子さんがご来院されました。よく「オスグット(成長痛)」と言われる症状でした。同じチームのお友達も同じような痛みで、全力でプレーできない子が何人かいるということでした。

11月から12月にかけて、ほとんどの週末が試合で予定がぎっしり埋まっているというチームが多いようです

本人たちも勿論勝ちたい気持ちで頑張っているし、コーチも気合が入ってきて、ちょっとくらいの「痛み」では練習をお休みするという選択肢が無いようです。

 

無痛ゆらし療法では「オスグット」の原因は、筋肉の使いすぎ、それによる筋肉の異常緊張が原因と考えています。硬くなった状態の筋肉がうまく使えずに関節が本来の動きが出来なくなり、負担が掛かる部位に痛みが出てしまうと考えています。小学生、中学生のお子さんは膝に痛みが出ることが多いです。

 

筋肉の異常な緊張が原因だとしたら逆に
・筋肉の緊張が出にくい状態を作る!

・使いすぎて緊張が出たとしても早く解消してあげる!

この2つで痛みが出る前に症状を防ぐことが出来るとも言えます。
 

緊張が出にくい状態を作るというと、とても基本的なことなのですが、「まずは痛みがある時は痛いことをしない」ということがとても大事です。痛みがある時というのはすでに体は警戒しているので使うと体が余計に硬くなってしまいます。

 

次に使って緊張した後は出来るだけその緊張を早く解消してあげることがとても大切です。

まず一番簡単に緊張を解消する方法は湯船に浸かることです。
湯船に浸かると浸かっている部分に水圧が掛かり、
優しく触られているように筋肉の緊張が緩みます。

お湯の温度は自分が心地良いと思う温度で、そして時間も長くなくて良いです。

 

ゆらし療法院にはオスグットで来るお子さん沢山おられますが、「シャワーしかしない」「たまにしか湯船につからない」というお子さんが多いです。

肉離れでご来院される大人の方も「湯船にはめったに浸からない」という方が多いです。
勿論、入浴しなくても症状が出ない人はおられます。ですが日常生活の習慣一つで怪我、「痛み」が発症するリスクが減らせるなら、それが一番ですね。

 

これから段々と寒くなってきます。沢山スポーツをしなくても体は硬くなりやすい時期です。

硬くなった体も湯船に入るだけ、状態が良くなるので、是非毎日入浴して下さいね。

 

また、筋肉の緊張を解消する簡単な方法が色々あり、月2回の体操教室で楽しくお伝えしています。

是非、お時間を作って参加されて下さいね。

次回は11月28日(土)14時から、ゆらし療法院で開催します。

参加費は1000円です。
予約制ですので、お電話でご連絡お待ち申し上げております。
045-314-8322

ゆらし療法院
ほんだきくこ

 

TOP